博報堂、クリエイティブコンサルティングを手がける社内プロジェクトチーム「TEKO」の体制強化を発表

 博報堂は、2019年10月より、クリエイティブコンサルティングを手がける社内プロジェクトチーム「TEKO」(テコ)をクライアント企業の成長のためのクリエイティビティを提供する社内専門組織として体制を強化したことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] クリエイティブ 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TEKOは「Creative Leverage for Growth.」をビジョンに、広告・マーケティング領域に止まらず、企業活動全般のクリエイティブに携わってきた4人のクリエイティブディレクターと1人のマーケティングディレクターとで2017年にプロジェクトチームとして発足。その後2年間にわたり、様々なクライアントの企業成長に関わり、この活動をより推進するために社内専門組織にすることになったという。

 まず、企業成長のためのさまざまなクリエイティビティをワンストップで提供していくために、多様な専門性を持つマーケティングスタッフやクリエイティブスタッフを、新たにメンバーに加え、独自の営業機能やビジネスプロデュース機能も「TEKO」内に内包する形に再編し、企業成長を支えるさまざまな専門家が1か所に集まる“Growth Studio of Creativity”(=クリエイティビティで成長を生み出すスタジオ)”に進化。これにより広告・マーケティングだけでなく、新事業や新サービス、新商品の開発など、多様なクリエイティビティをより多くのクライアント企業に、スピーディーに提供していくことができるようになったとしている。

 TEKOはこれまでも、投資ファンドと協働してクライアントの成長をサポートするなど、ユニークなアライアンスを行っており、今回を機にさらにパートナーを拡大していく予定だとしている。