KDDI、ナビタイムジャパンとドコモ・バイクシェア等と東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始

 KDDIは、ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会と共同で、東京都 (委託先: みずほ情報総研株式会社) が公募した「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に採択され、2020年1月より、東京臨海副都心エリアにて、MaaSの実証実験を行う。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 インバウンド MaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この実証実験では、東京臨海副都心エリアにおける、交通渋滞の解消や交通不便地域の快適な移動と、観光客の観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上という課題に対し、以下機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供するとしている。

  1. マルチモーダル経路探索エンジンによる、鉄道などの公共交通機関とデマンド型シャトル、シェアサイクルを組み合わせたシームレスで最適な経路提案
  2. デマンド型シャトル (無料) の提供 (運行事業者: 日本交通)
  3. 鉄道、シェアサイクルのキャッシュレス決済
  4. おすすめの観光スポットなどの記事や観光施設情報、クーポンの提供によるエリアの新たな魅力の発信

 また、観光客の行動変化やニーズを把握して、課題解決や新たなサービス創出などMaaSの商用化に向け、本アプリの経路検索条件データやGPSデータなどの移動ビッグデータの分析も行うとしている。