epiST Ventures、大学発ベンチャーおよび技術者ベンチャーへ投資する1号ファンドを設立

 epiST Venturesは、2019年10月に人工知能(AI)やIoT、ロボティクス等を注力テーマとして大学発ベンチャーおよび技術者ベンチャーに投資を行うepiST Ventures 1号投資事業有限責任組合(以下、epiST Ventures 1号ファンド)を組成し、投資活動を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立系ベンチャーキャピタルであるepiST Venturesは「産学連携とオープンイノベーションで日本の科学技術を振興する」をミッションとするepiSTの子会社として設立された。epiST Venturesは、全国の大学とのネットワークから優秀な技術者や研究者が立ち上げるベンチャーに対していち早くアプローチし、顧客企業やCxOクラスの人材の紹介などで、投資先の事業および組織の垂直立ち上げを支援する。

 また、epiST Venturesは産学連携支援で接点のある企業や大学と、投資先との共同研究、人材交流、事業連携によって投資先のバリューアップを行い、ファンドとしてのパフォーマンスを発揮するとともに、日本の科学技術振興のエコシステムのさらなる充実に貢献するという。

 今回、以下のファンド出資者からの出資約束をもって2019年10月にepiST Ventures1号ファンドを組成した。

  • セガサミーホールディングス株式会社
  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
  • ユナイテッド株式会社
  • 上場企業(事業会社)
  • 個人投資家

 また、協議を進めている他の事業会社および金融機関からの出資をもって、10億円以上のファンド規模を目指す。

 epiST Ventures1号ファンドは、主に、人工知能(AI)、データサイエンス、IoT、ロボティクスといった注力テーマにおける大学発ベンチャーおよび技術者ベンチャーを投資ターゲットとしている。創業前からの支援を含めた、主にシード/アーリーステージのベンチャーに対して、基本的に5,000万円以内のロットでの投資を実施するとしている。