PwCアドバイザリー、ベンチャー投資にかかわるディールアドバイザリーの専門組織を新設

 PwCアドバイザリーは、ベンチャー投資にかかわるアドバイザリー業務に特化した専門組織「スタートアップ・ディール・アドバイザリー」を11月1日に新設し、日本におけるオープンイノベーション推進に向けたサポート体制を強化する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 事業開発 オープンイノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新組織「スタートアップ・ディール・アドバイザリー」は、革新的なビジネスに挑戦するスタートアップ企業に加え、事業会社、ベンチャーキャピタルなどの投資家、さらには国や地方自治体までを含めて、イノベーション創出の一つのエコシステムとしてとらえている。そして、このエコシステム内での、資金、人材、事業アセット、ナレッジの還流を促す支援を通じて、イノベーションの推進と定着に貢献することを目指すという。

 この組織では、独立系ベンチャーキャピタルでのCVCファンド運用経験を有するプロフェッショナルを中心に、スタートアップ投資や資金調達、M&Aアドバイザリー業務などに関して実績のある専門家を加え、

  • CVCファンド設立・運用支援
  • 事業会社によるスタートアップ投資におけるアドバイザリー業務
  • スタートアップ企業による大型資金調達のフィナンシャルアドバイザリーサービス

などを提供する。