損保ジャパン日本興亜、オプト、イードリーマー、自動車事故のAI自動修理見積サービスを共同開発

 損害保険ジャパン日本興亜、オプト、イードリーマーは、損保ジャパン日本興亜が11月から提供するリアルタイムで自動車の概算修理金額を見積するAI自動修理見積サービス「SOMPO AI修理見積」を共同開発した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスは、ユーザーが撮影した自動車の画像を人工知能(AI)が解析し、リアルタイムで自動車の損害額を見積するもの。損保ジャパン日本興亜のLINE公式アカウントで提供する「事故対応サービス」から利用することができる。このサービスにより、ユーザーは画像の撮影から約30秒で概算修理金額を確認することができ、保険金の支払い手続きも最短30分程度に短縮することができるという。

 損保ジャパン日本興亜では、このサービスの対象を拡大し、火災保険の家屋の損害でもAIによる保険金の算出サービスを利用できるよう検討していく。また、AI修理見積により事故受付後、保険金支払額を自動算出し、瞬時に入金まで完結するサービスの実現を目指すとしている。