Biz/Zineニュース

店舗、メーカー、卸、物流の垣根を超えた『リテールAIプラットフォームプロジェクト』発足

 サントリー酒類、トライアル、日本アクセス、日本ハム、フクシマガリレイ、ムロオの6社は、日本におけるリテールAI技術の推進に向けた取り組みとして、共同で『リテールAIプラットフォームプロジェクト』を発足した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発 テクノロジー 小売

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプロジェクトは、既存の小売から脱却することで日本が抱える社会課題の解決し、リテールAI技術を推進させることで、世界に通用するスマートストアを日本の当たり前の文化として浸透させていくことを目的としている。

 6社は、店舗、メーカー、卸、物流それぞれの業界の垣根を超え、リテールAI技術の発展や流通小売業界の技術革新に寄与するとともに、生活者にとっても新しい購買体験を提供していきたいとしている。