SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

宇田川先生初の著書『他者と働く』対談

新規事業にこそ必要な“異質な他者と働くこと” ──アクセンチュア市川氏と語るナラティヴの三軸と戦術

ゲスト:アクセンチュア株式会社 執行役員 セキュリティコンサルティング本部 統括本部長 市川博久氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

短期で“P/L貢献”できない新規事業に必要なナラティヴの三軸

宇田川:市川さんがされていることって、まさに対話だと思うんですよね。新しい事業が目指す本当の目的と、既存の事業と、自分たちが今やっていることとをどう結びつけるかという、まさに三軸をつなぐ役割をされている。

 僕の本の3章で新規事業開発部門を率いる部長さんの話が出てきます。その方も、新しいビジネスがまだP/Lに貢献できないという状況で、他の部分で会社に貢献しているという文脈を作ることを非常にがんばっていらっしゃいます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
宇田川先生初の著書『他者と働く』対談連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング