SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

宇田川先生初の著書『他者と働く』対談

新規事業にこそ必要な“異質な他者と働くこと” ──アクセンチュア市川氏と語るナラティヴの三軸と戦術

ゲスト:アクセンチュア株式会社 執行役員 セキュリティコンサルティング本部 統括本部長 市川博久氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

門外漢が挑む、後発新規事業の飛躍の鍵は「問いの投げかけ」

市川 博久アクセンチュア株式会社 執行役員 セキュリティコンサルティング本部 統括本部長 市川 博久氏

市川:それでもどんどん効率化を進めていきますと、僕らのお客さんである日本企業の社員の仕事がなくなっていくわけです。そのことに気づいたとき、僕たちは長期的に見て正しいことをやっているんだろうか?と疑問がわきました。そこで初めて、自分の仕事と社会や経済との関係を意識するようになったんです。それを僕がどう整理したかと言うと、さきほど先生がおっしゃったように、効率化によって浮いた工数を真新しい価値を作る方向に振り向けていくんだ、と考えました。それが社会に対する僕らの仕事の価値であり、僕らがやるのは、新しいことをする余力が生まれた人々をナビゲーションしていくことだと意味づけたんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
宇田川先生初の著書『他者と働く』対談連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング