Biz/Zineニュース

カフェ・カンパニーとDATAFLUCT、外食産業における働き方改革に向けたサービスの共同開発・提供

 カフェ・カンパニーとDATAFLUCTは、外食産業における働き方改革に向けたサービスの共同開発・提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル 小売業 生産性向上 飲食店 業務のデジタル化

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外食産業では、長時間労働や労働生産性の低さ、深刻化する人手不足が指摘されており、農林水産省が発表した統計によると、外食産業における正規雇用者の月間時間外労働時間が80時間を超える割合は、通常期12.5%、繁忙期24.3%と推計されている。長時間労働を強いられることで、従業員の「働きやすさ」や、仕事をする上での「クリエイティブ性」が阻害されてしまい、結果、従業員満足度の低下や高い離職率につながっているのだという。

 カフェ・カンパニーとDATAFLUCTは、飲食店での仕事本来の「楽しさ」をスタッフが日々体感しながら働ける環境づくりを目指し、まずは、カフェ・カンパニーが運営する「WIRED SHIBUYA」にて、DATAFLUCTが開発した「DATAFLUCT intelligent.(データフラクト インテリジェント)」を導入し、作業効率化を行うサービス開発をするための実証実験をスタートした。

実証実験の概要

  • 実験店舗:WIRED SHIBUYA(東京都渋谷区渋谷3-27-1 100 BANCH 1F)
  • 実証実験期間:2020年3月1日〜2020年6月30日

検証するサービス:データフラクト インテリジェント

1.チャットボットによる日報の自動作成

タイトルサービス概要図

タイトル課題に対するアプローチを提案する機能

2.広告の自動発注

タイトル