Biz/Zineニュース

アイリックコーポレーション、保険業のDX推進のINSURANCE API ORGANIZATION発足

 アイリックコーポレーションは、2020年1月16日に日本の保険業界におけるデジタル化を推進するための組織INSURANCE API ORGANIZATIONを発足し、第一回目の会合を東京で開催した。保険仲介とリスクマネジメントの世界的なリーディングカンパニーの100%出資日本法人であるマーシュジャパン、新鋭インシュアテックのhokanと共同で開催した会合には、約150名以上が参加した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー InsurTech インシュアテック OPEN API

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、デジタル活用について世界の保険業界においても活発な議論が交わされ、新規ビジネスや多数のINSURTECH(インシュアテック)企業が生まれている。アイリックコーポレーションでは、APIで保険会社とのシステム接続を目指し、保険契約にかかわる業務の効率化とこれまで以上に俊敏な顧客対応を通して顧客満足度の向上に努めている。業界全体のオープンAPIの普及が叶えば、より多くのお客様の利便性が上がり、さらには新たなビジネス創造の機会をももたらすと考え、INSURANCE API ORGANIZATIONを立ち上げた、と経緯を語る。

INSURANCE API ORGANIZATION について

 日系・外資系生・損保険会社、日本市場に新規参入のINSURTECH企業、首都圏のみならず全国の保険代理店、システム会社などを対象にした組織。保険業界でのAPIによる利便性や技術的な課題・運営についての理解を深め、組織参加者同士や隣接業界でのAPI接続を模索している。将来的に、OPEN APIを視野に入れて、全てのステークホルダーとメリットを共有し、新たな保険エコシステムの形成を目指している。