Biz/Zineニュース

グッドパッチ、企業のデザイン投資トレンドなどをまとめた『デザインデータブック』を公開

 グッドパッチが運営するデザイナー特化型キャリア支援サービス『ReDesigner(リデザイナー)』が、「企業のデザイン投資トレンド」や「デザイナーの働き方」に関するアンケートを実施。IT・通信業界を中心にマスコミ、金融業界など約100社の回答結果をまとめ『デザインデータブック』として公開した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 デザイン経営

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「経営にデザイン人材を」デザイン最高責任者を迎え入れたい企業が半数以上

デザインデータブック

 将来的にCDO(Chief Design Officer)/CCO(Chief Creative Officer)/CXO(Chief Experience Officer)などのデザイン最高責任者を設置する予定があると答えた企業は54%と、半数以上の結果となった。

 デザイン投資に対して効果を実感している企業も57%に上り、「ブランド/サービスメッセージが浸透した」「クリエイティブ内製化によりマーケ効果が向上した」「ユーザーに届くクリエイティブの製作が可能になった」といったポジティブな変化を実感している企業が増加。デザイン最高責任者を迎え入れたいと考える企業がさらに増加することが予測される。

「デザイン経営」宣言の影響か? 半数以上の企業がデザイン組織の投資を2~5倍以上に拡大予定

デザインデータブック

 今後社内のデザイン組織に対する投資を2〜5倍以上に増やす予定と回答した企業が50%、5倍以上に増やすと回答した企業が4%と、デザイン組織を拡大予定である企業が全体の半数以上を占めることが明らかになった。

 2018年5月に経済産業省・特許庁が「デザイン経営」宣言の推進を提言し、ビジネスにおけるデザインの重要性が増加。ビジネスを成長させるためにデザインを差別化要素として捉え、機能的価値だけでなく「情緒的価値」に投資する企業が増加する潮流を読み取ることができる。

デザイナー採用数は増加傾向、向こう一年でデザイン組織を拡大したい企業は6割

デザインデータブック

 向こう一年でデザイン組織を拡大したい企業は58%と、デザイナー人材の増員を考えている企業が約6割を占める結果に。

 今後、企業のデザイナー採用数増加や、デザイン組織を率いる最高デザイン責任者の需要が増すことが予想される。プロダクト開発に優位性を与え、会社のブランド力を高め、デザイナー採用を牽引する最高デザイン責任者の有無が、デザイン組織を構築する鍵を握ると考えらる。

デザインデータブックについて

デジタルデザイン業界の発展に貢献することを目的に、グッドパッチが運営するデザイナー特化型キャリア支援サービス『ReDesigner』が、各社のデザインへの取り組みやデザイナーのニーズを収集し公開したもの。

【調査概要】

企業のデザイン投資トレンドについて(デザインデータブックp.13~p.51)

  • 調査期間:2019年7月23日~2019年12月31日
  • 調査方法:独自アンケートフォームにて回収
  • 調査対象:ReDesignerもしくはGoodpatchと過去取引のあった企業、Twitterでの告知に対して回答したいと連絡のあった企業
  • 有効回答数:101社(無効回答数1社)

デザイナーのトレンドについて(デザインデータブックp.52~p.65)

  • 調査期間:2018年5月23日~2019年11月30日まで
  • 調査対象:調査期間中にReDesignerに登録したユーザー
  • 調査方法:独自アンケートフォームを対象者にて回収
  • 有効回答数:1,439名(無効回答数:9名)