SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ファン育成プラットフォーム「FANSHIP」、小田急電鉄の公式スマートフォンアプリに導入

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 アイリッジが提供する優良顧客育成に特化した顧客データ分析プラットフォーム(CDP)「FANSHIP」は、小田急電鉄が2019年12月にアップデートを行った「小田急アプリ」への導入を発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォーム。顧客のオンライン行動履歴とオフライン行動履歴を統合・分析して結び付きの強さ(ファンレベル)ごとにセグメンテーションでき、分析後は、自社アプリでの施策に加え、LINEを通じたコミュニケーションが有効な顧客にはLINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能となる。

 「小田急アプリ」は、リアルタイムな運行情報や列車走行位置、駅の混雑状況のほか、小田急線各駅付近にある災害避難場所が記載された地図などを提供するアプリ。2019年12月のアップデートでは、「沿線情報」と「バス情報」等の機能が追加に加え、「FANSHIP」の導入により、より柔軟なプッシュ配信の運用やオンラインとオフラインの垣根を越えた効果測定が可能になった。

 アイリッジは今後、アプリ内で掲載したお出かけ情報バナーから実際にどれだけの来場につながったかを計測し施策につなげるなど、「FANSHIP」を通じてさまざまなデータを活用し、通勤・通学の日常シーンから休日のお出かけシーンまで「小田急アプリ」のマーケティング施策を支援していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング