Biz/Zineニュース

トヨタコネクティッドとNTTデータ、モビリティサービス事業領域における業務提携を開始

 トヨタコネクティッドとNTTデータは、トヨタ自動車がグローバルで展開するモビリティサービス・プラットフォームの機能・サービスの拡張、コネクティッドカー展開国拡大に向け、ソフトウエア開発力および、運用体制の拡充を目的として4月1日より業務提携を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 MaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の業務提携で、トヨタコネクティッドが培ってきたコネクティッドカー向けサービス事業の経験や、国内外で展開するカーシェア等のサービス開発・運用ノウハウと、NTTデータのグローバル規模でのITリソースや、クラウド・ビッグデータ等のテクノロジー活用ノウハウを掛け合わせる。そして、MSPFを始めとするモビリティサービス事業領域での協同開発と人財交流を通じてグローバルでの開発・運用力の強化と高度化を図るという。

 また、中期的には、トヨタコネクティッドの持つ顧客接点と、NTTデータの流通・小売・金融業界などの多業種に渡る顧客基盤を両社で相互に活用することで、スマートシティ構想も視野に入れたMSPFのサービス力強化と、グローバル規模でのプラットフォーム事業の拡大を推進し、両社連携によるシナジー効果の最大化を目指すとしている。

 トヨタコネクティッド代表取締役社長の友山茂樹氏は「本提携は、オープンかつ高いソフトウエア開発力を持つNTTデータ社と、弊社が担うコネクティッド戦略の展開を加速していくものです。今回の提携により、より高品質なモビリティサービスのグローバル提供体制を強化し、今後も豊かなモビリティ社会の創造に貢献していきます」と語った。

 また、NTTデータ代表取締役社長の本間洋氏は「モビリティに関する社会変革は、デジタル時代のまさに先進的な取り組みでありNTTデータとしてぜひ貢献したい領域です。トヨタグループのモビリティに関する経験・知識と、NTTデータグループのITに関する経験・知識を融合し、次世代の社会を支える仕組み・サービスを提供していきます」と述べた。