SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

INNOSIGHT流イノベーションの興し方

リーダーが「未来から現在を展望する」ための指南書──ニューノーマルと破壊的イノベーションの共通点とは

『Lead from the Future: How to Turn Visionary Thinking Into Breakthrough Growth』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「フューチャーバック思考」と「未来のアーキタイプ」

 フューチャーバックでは、3つのフェーズでリーダーシップの指針を作り上げる。下記のように、フェーズごとに異なるダイアローグを経営幹部と重ねていく。

タイトル

 「フェーズ1」では、すでに起きている変化の兆しから未来の事業環境を想定することから始める。医薬品業界であれば、多くの病気が治療の対象から予防の対象になっていることは予想できるし、自動車業界であれば自動運転など、大きな地殻変動と呼べるような転機が来ることを想像できるだろう。

 次に、その地殻変動が及ぼす自社への影響を評価する。ここまでは、自社が置かれている現在の状況を切り離して考えたい。また、細かく予測することには意味がないので、大まかな未来像を描きたい。そのような発想を助けるためにも本書で紹介されているのが、未来の「アーキタイプ」である。4つ提示されている未来へのアーキタイプのどれに当てはまるのかを考えることで、客観的な視座から未来の自社を捉えるのだ。

タイトル

 一度自社を取り巻く外部環境の未来を描いてから、自社の立ち位置を設定するのだ。

 「フェーズ2」では、未来像をベースに成長戦略を描く。

 未来の事業を具体化するには、「イノベーションポートフォリオ」を描くのがよい。複数の事業に取り組んでいる未来を描くには、このポートフォリオが有効だ。現在の事業から遠いものや近いもの、どのようなミックスで事業を展開するかなどを考える。既存事業の成長も見込めるとはいえ、望ましい成長と比べるとギャップがあるに違いない。このギャップは「成長ギャップ」と呼び、新規の取り組みから生み出す必要がある。

 成長ギャップを埋めるような新しい事業を立ち上げるには時間が必要だ。時間が掛かるだけでなく、いくつかカギとなる資源も同時に獲得する必要があるだろう。未来の自社の在りたい姿から逆算すると同時に、マイルストーンを設定したい。身近なマイルストーンがないと、実行できないからだ。

 マイルストーンを設定したら、内部で取り組むイノベーションのポートフォリオと、外部資源を買うための投資ポートフォリオを描く。資源には人材ももちろん含まれる。新しい事業に適したスキルセットを持つ人材を適宜雇用していくことが求められる。

 「フェーズ3」では、マイルストーンとポートフォリオから、具体的な施策となるプログラムへと落とし込む。せっかく設定したビジョンやマイルストーンが形骸化しないよう、予算などのリソースが独立していることが望ましい。

 あまりに多くの新規事業が、本業の低迷とともに予算カットされているのを見かけるが、在りたい未来像は短期的な業績で変わらないし、今取り組むべきことも変わらないはずだ。しかし、未来像が現在の引力に負けてしまうのは、脳の認知バイアスの影響なのだ。この罠に陥らないよう、築きたい未来がブレないような仕組みが必要になる。

次のページ
リーダーにも成長が求められる、未来視座のフューチャーバック思考の獲得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
INNOSIGHT流イノベーションの興し方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング