SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

INNOSIGHT流イノベーションの興し方

リーダーが「未来から現在を展望する」ための指南書──ニューノーマルと破壊的イノベーションの共通点とは

『Lead from the Future: How to Turn Visionary Thinking Into Breakthrough Growth』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

スティーブ・ジョブズのスピーチにみる、変革期の経営に必要なフューチャーバック思考

 前述した認知バイアスを乗り越えても、リーダーは既存事業の運営に忙殺されるため、十分に未来について考える時間が与えられていない。しかもフューチャーバックプロセスには、経営層が深く関与することが必須条件のため、企業導入の際には目的を明確にして進めたい。

 例えば本書では、戦略立案において「プレゼントフォワード」と「フューチャーバック」の二つのアプローチのうち、適しているタイミングや目的が示されている。実践の場での使える考え方だ。

タイトル

 社会構造が大きく変化するときには企業のレゾンデートル(存在意義)が問われるものだが、破壊的技術が登場したときも同じく存在意義が危うくなる。(現在がまさにそうだが)このようなときは、想定される未来の社会や技術を前提として、自社の戦略を再構築する必要がある。一つの技術が他の技術を後押しし、破壊的技術の登場サイクルが加速している現在、企業の経営層がフューチャーバック思考を共有することの重要性は増している。

 次に、かなり前からこの思考を実践・体現していたとも受け取れる人物の発言を見ていこう。スティーブ・ジョブズが2005年、米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ「ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュ」での一節を引用してみよう。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎあわせることだけです。

タイトル

 スティーブ・ジョブズの名言は、思いつきで行動することを推奨しているわけではないことが本書を読むとわかる。この有名なスピーチは学生の前で語ったものだが、本書では、2010年に社内向けに行ったスピーチも引用している。ジョブズは次のような発言をしている。

アップルは、人々がクラウドとのつながりを管理するような存在にならないといけない。音楽や動画のストリーミングや、個人的な写真や情報、さらには医療情報までも。アップルは、コンピュータが個人のデジタルハブになることを初めて想像し、とても成功した。だが、今後数年を掛けて、そのハブはコンピュータからクラウドに移行する。これまでのデジタルハブ戦略と変わらない面もあるが、そのハブは違う場所にあるというわけだ。このような変革を成し遂げることは重要だ。なぜならクレイトン・クリステンセンが「イノベーターのジレンマ」と呼ぶ現象があり、発明した本人が次の時代に移行できなくなる。私たちはそうなりたくはないからだ。

次のページ
未来に想定される“大きな変化”を前提とした成長戦略

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
INNOSIGHT流イノベーションの興し方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング