SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

事業撤退に直面したCFOによる事業投資の再配分──バーゲルマンとミンツバーグに学ぶ、創発的戦略とは?

ゲスト:日本CFO協会 主任研究委員 兼 FP&Aプロジェクトリーダー 石橋善一郎氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業投資の再配分の際に、事業部長の参謀になれるか

大塚:各プロジェクトの優先順位づけは具体的にどのように判断していったのですか。

石橋:「ゼロベース予算(ZBB:Zero Base Budget)」の手法で、四半期毎に実施される実行予算の編成プロセスで優先順位を見直していきました。研究開発費の多くはエンジニアの人件費が占めるため、研究開発費をコントロールするドライバーとなるのはエンジニア人員数。プロジェクトごとに何人のエンジニアを貼り付けるかで調整することになります。以下の図のZBB Lineより上のプロジェクトの中で一番優先度の低いプロジェクトが中止検討の対象になります。この図では、Project Gが中心検討の対象です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大塚 寿昭(オオツカ トシアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング