Biz/Zineニュース

横浜市、近距離モビリティ「WHILL」シェアリングサービス実装化を目指す実証実験を開始

 横浜市は、みなとみらい21地区から都市の価値向上を図ることを目的にした、地区内外の企業・団体等と連携して進める「みなとみらい2050プロジェクト」において、近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」を利用した、実装化を目指した長期実証実験を9月3日より開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] MaaS 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜市は、「SDGs未来都市・横浜」の実現に向け、多様な主体と連携し、環境・経済・社会的課題の統合的解決を図る取組を進めている。

 今回の実験により、歩行空間における新たな移動手段としての確立、みなとみらい21地区のまちの魅力を高めるとともに、国内外からの来訪者へのおもてなしや超高齢化対応に向けたまちづくりなど、移動に伴う社会課題の解決や新たな価値創出につなげていくという。