SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

“100台しか売らない家電”の戦略的な位置づけ──老舗企業の再創業に向けた、デザイン組織の要件とは?

「デザインが変える、これからの事業、組織、人材」セミナーレポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「100台しか売らない家電」の戦略的な位置づけ

デザインプロセスNKC長﨑氏のセミナースライドより

「一般的な家電開発からすると、100台しか売らないというのは非常識なやり方で、当然赤字です。ただ、例えば外部のコンサルに頼んで、定性的で実行不能なペーパーばかりが積み上がっていくのと比べれば、同じ1000万円を超える投資でも定量的な結果が残る。100台売り切った上で社会的な反応もあれば、1万台レベルの家電製造販売に移行するという判断も現実味を帯びてきます」

 ただし、家電事業は営業利益率がそれほど高くないことで知られる。KAIMENとしてはそのまま家電販売の道を突き進むつもりはなく、あくまでBtoBの事業として広げていくことを構想しているという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング