SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

“100台しか売らない家電”の戦略的な位置づけ──老舗企業の再創業に向けた、デザイン組織の要件とは?

「デザインが変える、これからの事業、組織、人材」セミナーレポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

狭義のデザイナーはすべて外注でいい。その真意とは

 多くの高度デザイン人材を社内に囲い込むことが現実的ではないNKCのような企業からすれば、彼らの集合知を活用できることのメリットは大きい。「デザインシステムと、それを絶えずメンテナンスし、アップデートしていける(理念を共有した集団としての)CDOがいれば、極論すれば、狭義のデザイナーはすべて外注でも成り立つと考えている」と長﨑氏。

 では、逆にCDOとして参加するパートナー側にはどのような動機があるのか。小橋氏は「デザイン会社として実験的な試みができるからという側面もありますが、より本質的には、そのようにして組織の中に入り込まなければ、もはやデザインの課題が解決できないくらいに高度化してきているということではないでしょうか」と指摘する。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング