Biz/Zineニュース

JTB、日本IBMとデジタル変革パートナーシップ包括サービスに関する契約を締結

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)とJTBは、9月30日にデジタル変革パートナーシップ包括サービスに関する契約を締結した。本サービス契約を進めるにあたり、日本IBMとJTBは関連当局の承認を得ること等の条件充足を前提に、2021年4月を目処にJTBの完全子会社であるJTB情報システム(以下,JSS)の合弁会社化を行う予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMとJTB、JSSは、このサービス契約を通じて、JTB、JSSの旅行業界における強力なネットワークと旅行業務に関するアプリケーションの経験と知見、および日本IBMが提供可能な最新テクノロジーと豊富なITプロフェッショナル人材を融合させることで、テクノロジーを活用したビジネス価値向上と、ビジネスを支える高品質なIT基盤の提供を包括的に実現していく。

 日本IBMは、ハイブリッド・クラウドやAIなど新たな技術が導入され、IT環境における変革が加速している中で、JTBとの協業を通じて、デジタル時代の新たなIT変革モデルを確立していく予定。この融合により、日本IBMは、旅行運輸業界のITサービスにおける更なる変革のリードと実現を目指すという。

 JTBは、今般のウィズコロナの事業環境において、新しい交流時代を切り拓くため、デジタル基盤の上に従来培ってきたヒューマンの強みを融合させ、外部との積極的な協働を加速することによって、顧客へのソリューションサービスの提供力を飛躍的に向上させることを目指す。

 このサービス契約では、JTBの基本戦略の一環として、日本IBMとの協業による最新テクノロジーとノウハウによる競争力のあるデジタルビジネスの推進と、安定的なシステム運用サービスの両輪の実現を目指す。また国内外を含む様々な企業に対してITサービスを提供してきた日本IBMとの協業により、現在のIT業務に従事する人材のさらなる専門性向上とJTBのデジタルビジネスを支える新たなフィールドへの挑戦と活躍機会の拡大を図っていくという。