SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

創業時から一貫して変わらないデュポンの「コア・バリュー」──変革を常とする経営の根底にあるものとは?

ゲスト:東京都立大学大学院 特任教授、デュポン株式会社 前取締役副社長 橋本勝則氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“お題目”ではない4つの「コア・バリュー」が強力なガバナンスとなる

石橋:前回対談した日置さん(日本CFO協会 主任研究委員 日置圭介氏)は、最近の日本の企業はメガトレンドを意識するようになっているが、それに対して自社なりの「意味づけ(センス・メイキング)」ができているかどうかが問題だ、とおっしゃいました。デュポンでは、メガトレンドと会社のミッションやビジョンをどう連動させていますか。

橋本:本にも書いたとおり、創業200年を迎えるにあたって自社に与えるインパクトの大きい4つのメガトレンドを抽出し、「脱化学メーカー」という方針を打ち出しました。その大きな方向性を決定づけるのが、4つのコア・バリューとビジョンです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング