SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

創業時から一貫して変わらないデュポンの「コア・バリュー」──変革を常とする経営の根底にあるものとは?

ゲスト:東京都立大学大学院 特任教授、デュポン株式会社 前取締役副社長 橋本勝則氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

強固なコア・バリューという土台の上にのみ、経営活動が存在する

橋本:このコア・バリューの上に成り立っているのが、リスクマネジメントです。といってもリスクマネジメントというものが独立してあるわけではなく、あくまでビジネスプロセスの一部です。ビジネスは何らかのリスクを取るものですから、どこまでリスクを取るのか、取らないのかという基準を決めているわけです。

 一人ひとりの行動指針としてのコア・バリューがしっかりとあり、それが業務に組み込まれたリスクマネジメントに反映され、そこで初めてクライシス・マネジメント(危機管理)が可能になります。BCP(事業継続計画)を作っておくとか、平時のときから「工場の火災が起きたら」といったシナリオを作って机上で訓練をしておくとか、そういった準備をしておくことで、今のようなパンデミックの状況でも対応できるわけです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石橋 善一郎(イシバシ ゼンイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング