SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

なぜワールドクラスはメガトレンドを戦略に落とし込めるのか──“阿吽の仕組み型”による企業経営

ゲスト:一般社団法人日本CFO協会/一般社団法人日本CHRO協会 主任研究委員 日置圭介氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新事業のリソース確保のために、儲かる事業の売却も決断する

石橋:デュポン社のような事業トランスフォーメーションに取り組めている企業は、日本にあるでしょうか。

日置:追い込まれる前に自ら動いて、といった企業はなかなか見当たらないですよね……。素材系企業では一部あるかもしれません。素材や部品というのは日本企業が今後成功するひとつのポイントだと思うので、「インテル・インサイド」のように、とにかくいろいろなところで「ジャパン・インサイド」になったほうがいいのではないかと思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石橋 善一郎(イシバシ ゼンイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング