SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

BZ Monthly Future

日本企業の勝ち筋は「両利きの経営」と「取締役会の刷新」と「テクノロジーの俯瞰力」にある

ゲスト:米ベンチャーキャピタリスト 山本康正氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“ソフトウエア企業化”には短期決戦の勢いと長期的な覚悟で

──他にも成功している例はありますか。

山本:ビジネス的にうまくいっているという意味では、ソースネクストが挙げられます。ソースネクストがうまくいっている理由は、創業者で、現在は、代表取締役会長 兼 CEOである松田憲幸さん自身がシリコンバレーに来ていることです。松田さんは「日本のことは人に任せられるが、グローバルのことはより大きなテーマなので自分でやるのだ」とおっしゃっています。普通の会社が2番手や3番手を送り込むのとは、まったく姿勢が違う。さきほどの言葉は、テクノロジーがどれだけビジネスのチャンスにつながるのかを理解している方のコメントだなと思いました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
BZ Monthly Future連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング