SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

BZ Monthly Future

日本企業の勝ち筋は「両利きの経営」と「取締役会の刷新」と「テクノロジーの俯瞰力」にある

ゲスト:米ベンチャーキャピタリスト 山本康正氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

シリコンバレーに送り込むのはエースをおいて他にない

──テクノロジーを理解するためには、テクノロジーの震源地であるシリコンバレーに足場を固める必要があると思いますが、山本さんから見て必要なことはなんだと思いますか。

山本:シリコンバレーで足場を固めるためには、各社がニューヨークやワシントンDCに置いているようなエースを送り込む以外にないと思います。シリコンバレーではニューヨーク以上に、日本企業の名前は通用しない。その分、一層ハードルが高いと言えるかもしれません。英語ができるのは当然として、欲を言えばアメリカのトップ大学の学位、さらにテクノロジーの知見も持っているような人材が望ましい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
BZ Monthly Future連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング