Biz/Zineニュース

JALとUberがMaaS領域で戦略的パートナーシップを締結

 日本航空(JAL)は、海外では初めてとなるMaaSの取り組みの実現と、国内外のMaaS領域のさらなる強化を目指し、Uber Technologies, Inc(以下、Uber)と、戦略的パートナーシップ契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] MaaS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 両社による連携の第1弾として、北米・ハワイにおいて、到着空港から目的地までの配車リクエスト及び目的地におけるフードデリバリーの手配が可能な、Uberサービス機能を「JALアプリ」に追加する。

 Uberが世界71ヵ国10,000を超える都市で提供している、世界最大規模の配車サービス(車両の配車、乗車、決済)やフードデリバリーサービスと連携することにより、飛行機の予約や搭乗手続きに加え、いつでもどこでも、到着地でも待ち時間なく安定したシームレスな移動を実現する。また、今後は、北米・ハワイだけでなく世界中のあらゆる空港から目的地まで、スムーズかつ安全・安心なニューノーマル時代の旅の創出に向け取り組みを推進していくとしている。