SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通、シーメンス社との協業で製造業のグローバル競争力強化とDX加速、SDGs達成を支援

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通は、製造業におけるグローバル競争力強化およびデジタルトランスフォーメーション(DX)分野の強化に向けて、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア(以下、シーメンス社)と協業することで合意した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通はこの協業を通して、製品ライフサイクル管理システム「Teamcenter」や製造オペレーション管理システム「Opcenter」をはじめとするシーメンス社のポートフォリオ「Xcelerator」の日本市場向け再販を行うともに、富士通の製造業向けソリューションおよびサービス「COLMINA(コルミナ)」とも組み合わせて提供する。また、設計と製造のものづくり情報をシームレスにつなぎ、製品の市場投入までの時間短縮と生産性・品質の向上を実現する3D-BOP機能をシーメンス社の技術支援を受けて開発する。

 富士通がこれまで培ってきた製造業におけるノウハウやものづくりをサイバー空間で再現するCPS(Cyber Physical System)の導入実績と、グローバルで広く利用されているシーメンス社の製造業向けソリューションにより、グローバルでの各拠点や各工程で個別に管理されているものづくり情報をシームレスに連携。それによって、市場変化へのスピーディな対応を可能とし、製造業の競争力強化とDX加速、およびSDGs達成に向けた取り組みを支援するという。

 富士通は今後、3D-BOP機能を2021年7月より日本市場向けに提供開始する。その後、日本での実績をもとに、グローバルでの提供・保守体制を強化し、2022年4月より順次、欧州、北米、アジアへとサービス提供を拡大していく予定だとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング