SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業や技術の社会実装とは

なぜ日本のワクチン接種は上手くいかないのか──安田洋祐氏に聞く、行動経済学とゲーム理論による社会実装

第2回ゲスト:大阪大学大学院 経済学研究科 准教授、株式会社エコノミクスデザイン共同創業者 安田 洋祐氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

行動経済学とゲーム理論を組み合わせ、長期的にインパクトのある社会実装を実現する

馬田:さきほどの環境対応の例では、「ゲーム理論」と「行動経済学」は補完し合う関係でしょうか。

安田:はい。ある企業が環境や社会に対して良い取り組みを熱心にしたとしても、それがきちんと消費者に伝われなければ、環境負荷は高いけれど、より安い商品やクオリティの高い商品を作る他社にシェアを奪われてしまう可能性がある。そのような場合に、環境への取り組みが損にならないような仕組みでルールを変えるのが、ゲーム理論の発想による提言になると思います。また、金銭的なインセンティブがまったく紐付かないナッジは、短期での有効性はあっても、長期になると人々が慣れてしまって効き目がなくなるという報告[3]もあります。初期にわかりやすいナッジで人々の背中を押してあげ、それが長期的に経済的なインセンティブに合致するような仕組みを設計できると、より長期的かつインパクトのある社会実装ができるのではないかと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業や技術の社会実装とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング