SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

商船三井、ソフトバンク、e5ラボ、海上での次世代高速衛星通信サービスの活用に向けた共同検討を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 商船三井、ソフトバンク、e5ラボは、ソフトバンクと協業を進める英OneWebが提供する次世代高速衛星通信サービスの海上を航行する船舶での活用に関して覚書を締結し、共同検討を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 商船三井、ソフトバンクおよびe5ラボの3社は、通信環境が陸上と比較して著しく劣る海上で、OneWebの次世代高速衛星通信サービスを活用することで、「船舶におけるブロードバンド通信の導入」と安心・安全かつ効率的な「海運のデジタル化」を推進していく。

 今後、船舶におけるブロードバンド通信の導入と海運のデジタル化に向けて、下記の取り組みを行う予定だという。

  • 海運のデジタル化に関するユースケースの検討(期間:2021年10月~2023年9月);衛星ブロードバンド通信の導入で実現する海運のデジタル化に関連して、さまざまなユースケースや導入効果などの検討を行う。
  • OneWebの衛星通信サービスの実証実験(期間:2022年4月~2023年3月):商船三井グループが運航するフェリー「さんふらわあ」にOneWebの衛星アンテナを設置して、海上でのOneWebの衛星通信サービスの利用に関する実証実験を実施する。

 商船三井、ソフトバンクおよびe5ラボは、3社が持つ様々な技術的知見を生かすとともに、次世代高速衛星や成層圏プラットフォームといったNTN(Non-Terrestrial Network: 非地上系ネットワーク)ソリューションを活用することで、海運業界の持続的な発展に取り組んでいくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング