SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

INNOSIGHT流イノベーションの興し方

革新的なビジネスアイデアを生む「イノベータの5つのスキル」とは──『イノベーションのDNA[新版]』

書籍『イノベーションのDNA[新版] 破壊的イノベータの5つのスキル』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“デジャ・ヴュ”ではなく“ヴュジャ・デ”が観察力を向上させる

イノベータDNAモデル

 本書では、IDEOのトム・ケリーが「人類学者のような役割が最も多くのイノベーションを生んでいる」と言っている。人類学者のような役割として「自然な環境にいる人を観察し、その行動から学習する技術」と定義しているスキルは、顧客のジョブ(「片づけるべき用事」)を発見することに役立つ。「片づけるべき用事」とはクレイトン・クリステンセンが「イノベーションへの解」と「ジョブ理論」の中で使った言い回しだ。

 自然な環境を観察するというのは意外と難しい。人はどうしても自分が見たいように相手を見てしまうし、特に売りたい商品やサービスがあると、その商品・サービスが相手に売れるかばかりに目や耳がいってしまう。これを矯正するためには、普段から意識的に、相手が本当にやりたいことは何かに関心を持つのが有効だ。そして、自分の希望的観測と顧客の本当にやりたいことの違いを見つけられるとジョブというものが何か腹落ちするだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
INNOSIGHT流イノベーションの興し方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 竜也(ヤマダ タツヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング