SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTTグループ、シドニー工科大学と豪州での街づくりに向けて提携 R&Dやエコシステム構築などに着手

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NTTグループとシドニー工科大学(以下、UTS)は、ニューサウスウェールズ州(オーストラリア)における安全でスマートな街づくりに向けて、提携したことを発表した。

 本提携を通じて、NTTグループとUTSはニューサウスウェールズ州の経済成長の促進と、現地の雇用と人材の育成、テクノロジーのグローバル展開を支援。UTSが持つ研究施設と、NTTグループのDX開発能力を活用し、以下の分野における協業を推進するという。

  • 先端技術・製品の開発
  • 先進的なR&D技術を用いた市場開拓
  • 産学連携によるスタートアップエコシステムの構築

 協業の第一弾として、NTTグループのABE(Attribute Based Encryption:属性ベース暗号)技術を活用した暗号化情報共有プラットフォームの実証を行うほか、UTSの技術開発部門であるRapidoと共同でUTS内のシステムへの適用を実施するとしている。

 本取り組みを通じてNTTグループとUTSは、シドニーにおけるサイバーセキュリティ分野の協業を加速し、新たなR&D技術の市場開拓を推進するという。

 また、本協業を拡大し、5Gビジネスとユースケースを創出するための5G DXスクエアの設立や、URV技術と組み合わせたスポーツアナリティクス分野でのイノベーション推進も加速。さらに、将来的にデジタルツインやサイバーセキュリティ、量子コンピューティングの分野に協業を広げ、ニューサウスウェールズ州における将来のデジタルプロフェッショナルの教育とトレーニングを支援するとしている。

 加えて、サステナビリティや脱炭素をはじめとする技術の創出を支援することで、社会環境と経済価値を発展させ、現地の雇用と人材の育成、テクノロジーのグローバル展開による経済成長を促進するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング