SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

IMDマイケル・ウェイド教授が語る、予測不能な世界におけるDX──企業が陥るDX“3つのミス”とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 世界は常に不安定で複雑になっており、デジタルトランスフォーメーションはその原因であり解決策でもある。今回は、Sansan株式会社のオンラインイベント「Sansan Evolution Week 2022 ビジネスを進化させる5日間」から「予測不能な世界におけるDX」と題した講演の様子をお届けする。登壇者はIMD教授(イノベーション&戦略)/IMDグローバルセンター・フォー・デジタルビジネス・トランスフォーメーション所長のマイケル・ウェイド氏。本講演では、予測不可能な世界で組織が成功するために、デジタルを活用する方法について同氏の考えと最新の研究結果を紹介する。また、組織がトランスフォーメーションする際に犯しがちな失敗について説明し、それを克服するための方法を提案した上で、さらに世界的なトレンドに照らし合わせて、日本のデジタル競争力についても言及する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

DXで“ブラックスワン”“灰色のサイ”に立ち向かう

 初めにウェイド氏は、世界がどのような課題に直面しているのか、2つの事象を基に説明した。1つ目は“ブラックスワン”だ。発生は稀で予想が非常に難しく、実際に発生すると壊滅的な被害をもたらす。最近の事例では新型コロナウイルスのパンデミックがこれにあたり、全世界が大きな影響を受けた。

 2つめは、“灰色のサイ”だ。発生が稀なブラックスワン事象と異なり、珍しい事象ではなく、静かに進行して誰も気に留めない。しかし、一旦暴走し攻撃してきた場合は、大きな問題になる。たとえば、直面する事象として地政学がある。2021年2月にロシアがウクライナに侵攻を始めたが、その他にも今後、米国や中国といった大国を巻き込んだ紛争が起こる可能性がある。さらに、地球温暖化、火山噴火や津波などの自然災害、インフレ発生が予想される世界経済、サイバーセキュリティ、AIなどの技術発展、暗号通貨、NFT、拡張現実やメタバースなどが私たちにどのような影響を与えるのか予測することは非常に困難だ。

 それらに立ち向かうため、自らを変化させていくことで多くの人が対応できる。それがDX(デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション)だとウェイド氏は語る。ウェイド氏が定義するDXとは、単なるITや技術・デジタルプロジェクトではなく、デジタルツールやビジネスモデルなどを活用して組織を変えることでパフォーマンスを改善する組織変革プロジェクトを意味する。

 また、DXとデジタル化は異なり、デジタル化は物理的なものをデジタルにすることを指す。たとえば、紙ベースの資料の電子化が該当し、同じプロセスを効率よく電子的にするだけだ。一方、DXは顧客のために価値を創造する新しい方法を見つけ出すことで、デジタル化よりDXの方が達成は困難だとウェイド氏は強調する。

 IMD(International Institute for Management Development)でDXの研究センターを運営しているウェイド氏は、“コロナ効果”と呼ばれる変化を現場で測定した。「あなたの組織ではDXを重視していますか?」という質問に対し、パンデミック前は約2/3が「重視している」と回答し、残りが「重視していない」と回答。しかし、2021年には90%もの組織が「DXを重視している」と回答したという。また、パンデミック以前にデジタル化の推進に投資した組織は、デジタル化が低・中程度の組織よりも業績が優れていたそうだ。つまりデジタル成熟度が高いほど業績上の利益があったということになる。

 一方で、DXは非常に難しい上、失敗する確率も高いこともデータが示している。ウェイド氏は収集したデータを1つの数理モデルにまとめて、DXの成功率の算出を試みた。その結果、なんとDXの87%が期待に応えていないことがわかったのだというのだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
デジタル競争力で世界28位の日本の現状

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

比惠島 由理子(ヒエジマ ユリコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング