SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

Woven CityのUXリサーチャーが語る、「3つのコンセプト」と「デジタルツインの可能性」とは?

RESEARCH Conference 2022 イベントレポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

UXチームの組織体制とインクルーシブデザイン

 では、都市のUXリサーチはどのような体制で行えばいいのだろうか。Woven CityのUXリサーチは、まずUXチーム内でUXデザイナーとUXエンジニアと緊密に協力し、各製品やサービスに対してもっともヒト中心となるような提案を行う。そしてUXチーム全体でR&Dチームと連携し、アイデアを発展させて、製品の品質を保証する。さらにビジネスチームと協力してWoven City全体のビジネスの方向性に影響を与えている。

 都市には、車、ロボット、構造物、人など、さまざまな要素があり、それら自体が日々進化して、都市の姿に反映されていく。ウェルビーイングをもたらすための「都市のUXリサーチ」の最適な手法は、まだわかっていないとリー氏は話す。今は、さまざまな取り組みを試して、理想的なプロセスを模索している最中だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング