SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

Woven CityのUXリサーチャーが語る、「3つのコンセプト」と「デジタルツインの可能性」とは?

RESEARCH Conference 2022 イベントレポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「モノ-車-都市」という対象の違いによる、UXリサーチの価値と手法の違い

 では人間のウェルビーイングとテクノロジーを結びつけるためには、実際に何をすれば良いのだろうか。

 リー氏はこれまで、IoTデバイスやロボット、スマート家電などの製品開発に取り組んでいる。そこから、車に搭載する“情報の提供と娯楽の提供”を実現するインフォテインメントシステムやADAS(高度運転支援システム)機能などの研究、トヨタ車とレクサス車の自動運転機能のリサーチを経て、Woven CityでのUXリサーチを行っている。リー氏はモノ、自動車、都市を比較して、UXリサーチの価値や手法の違いを説明した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング