SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

デザイン思考×ビッグデータ

創造的な人は何が違うのか―「大きなT」と「自律的モチベーション」

第7回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「自律的モチベーション」が創造性を生み出す

 前述のエドワード・デシの研究成果は、全米ベストセラー『モチベーション3.0(原題: Drive!)』(ダニエル・ピンク著)の源となっており、その理論構築は「モチベーションに関する革命的な出来事」として紹介されているが、その「自己決定理論(Self-Determination Theory)」は、創造性を促進する「自律的モチベーション」について明らかにしている[5]。以下、「自律的モチベーション(autonomous motivation)」について紹介していきたい。

「内発‐外発」だけではなく「自律‐他律」、「総量」ではなく「タイプ」

 まず、モチベーションといえば、「内発的動機」「外発的動機」があまりにも有名であり、一般的には、「内発的動機」の方が、主体的な行動につながり、より質の高い活動をもたらすと思われているかもしれない。しかし、例えば、受験勉強などの「外発的」なものであっても、モチベーションを持ち続けて没頭し、高い成果を出す人もいるし、ビジネスにおいても、「外発的」なきっかけからのめり込み、クリエイティビティを発揮することも少なくないだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デザイン思考×ビッグデータ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安松 健(ヤスマツ ケン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング