SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

資生堂とSpiber、植物由来のタンパク質繊維を活用した化粧品原料を共同開発 マスカラへの配合を実現

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 資生堂とSpiberは、植物由来のバイオマスを原材料とし、生分解性を有する構造タンパク質「Brewed Protein繊維」を基に、製品への活用を見据えた化粧品原料の共同開発を実施した。

(左)Brewed Protein繊維を基にした化粧品原料(右)共同開発した化粧品原料を配合したマスカラ
(左)Brewed Protein繊維を基にした化粧品原料(右)共同開発した化粧品原料を配合したマスカラ

 Brewed Protein繊維は、サトウキビやトウモロコシ由来の糖類など植物由来のバイオマスを主原料とし、微生物による発酵プロセスで生産される。これまで、衣料品の原材料として多く活用されてきたが、今回両社は、化粧品原料の開発に取り組んだ。安全性、使い心地など様々な観点から検討を重ね、同繊維の特徴を維持しながら、マスカラへの配合を実現したという。

 資生堂は今後、同繊維をマスカラファイバーとして製品に配合するほか、製品開発において活用を検討していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング