SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通ら4社、人手作業多い「製造業」のDXを支援するプラットフォームサービス提供に向け協業検討を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通、川崎重工業(以下、川崎重工)、SAPジャパン、Skillnoteは、航空機、鉄道、船舶、大型機械の製造といった人手による作業への依存度が高い製造業におけるDXを支援するプラットフォームサービスの提供に向けた協業検討を開始した。

 4社は、各社が有するDX、システム構築、エンジニアリングに関する経験やノウハウを結集し、サプライチェーンを強靭化する「みんなで育てる製造業プラットフォームサービス」の創出に取り組むという。

 また、すでに稼働している製造管理プロセスと、ユーザー間のコミュニティ基盤を合わせた、ユーザー主体導入・統一業務・統一データのプラットフォームを、サブスクリプションで利用可能なサービスとして提供することを検討するとしている。

プラットフォームサービスの特徴

設計部門から製造現場までをワンストップでつなぐ業務プロセスの提供

 製造業がグローバル市場で発展するためには、設計部門と製造現場間の緊密なデータ連携や、正確な変更管理の実施、アクティビティの可視化が必須だという。

 川崎重工の航空宇宙システムカンパニーでは、「Smart-Kプロジェクト」において、航空機の製造プロセスを標準化し、富士通およびSAPジャパンとともに、「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations(以下、PEO)」を導入することでデジタル化を実現。PEOによって製造現場をERPやPLMと連携させ、エンジニアリングチェーンとサプライチェーンがワンストップでつながり、技術要求の厳格なフローダウンと製造現場の状況をリアルタイムで把握できるようになった。

 同プラットフォームサービスでは、同プロジェクトで培われた業務プロセスを汎用化し、サブスクリプションサービスとして幅広い分野の製造業のサプライチェーンに価値を提供するという。

ユーザー主体のシステム導入とDXスキルの向上を支援

 ユーザー主体でシステム導入が可能になるよう、富士通のシステム導入に関するノウハウやコンテンツをサービス化して提供。企業の主体的な業務変革とシステム運用の継続的な改善を実行できるDXスキルの向上を支援する。

参加型のプラットフォームサービス

 ユーザーがシステムに対する改善要望と開発優先順位を共有して「Standard」を育てることを目指す。業務上必要なマスタ作成支援などのエンジニアリングサービスを提供することで、プラットフォームの利用価値を高めるという。

 また、その価値を最大化するため、プラットフォーム上のデータ活用と各種SaaSとの連携にも取り組む。Skillnoteの協力により、同サービスのプラットフォーム上で製造現場のスキルマネジメントと製造実行を確実に連携させるとともに、サービスの発展に貢献するとしている。

各社の役割

  • 富士通:プラットフォームサービス
  • 川崎重工:業務プロセスの提供
  • SAPジャパン:アプリケーション、プラットフォームの提供
  • Skillnote:製造現場のスキル管理・資格管理・教育管理ソリューションの提供

 4社は今後、プラットフォームサービスの構築、ユーザー企業や各種団体へのヒアリングをもとに周辺の支援サービスのメニュー化を実施。2023年度上期にかけて航空機エンジンの部品製造などを行うAeroedgeを皮切りに数社でのテストを経て、2023年7月のサービスインに向けて活動していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング