オルツ、電通大大学院・栗原研と汎用人工知能開発環境「AGI」の共同研究契約を締結

人工知能による人間との円滑なコミュニケーションを実現をめざす

 オルツ(東京都江東区)と電気通信大学大学院情報システム学研究科栗原研究室は、汎用人工知能開発環境「AGI」の産学協同研究とその開発について契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 栗原研究室は、動的複雑システムに高度に適応する知的システムの構築を研究している。人工知能による人間との円滑なコミュニケーションを実現することをめざすオルツでは、今回の提携によって、汎用的人工知能「AGI(Artificial General Intelligence)」と呼ばれる、広範なスキルの獲得をめざす人工知能の開発を推進することとなるという。

 栗原聡教授と栗原研究室メンバーは、高度な知識、技術、経験を元に、オルツの人工知能開発に対する指導を行うという。

 オルツは、産学連携により、高度な先端技術をプロダクトとして社会のさまざまな課題解決に役立てるという理想を実現するため、着実に研究を重ねていくとしている。