机上のスキルで終わらせない、ロジカルシンキング・レバレッジ活用術

第2部:Part 5(最終回)

 世の中に「ロジカルシンキング」や「論理思考」を学ぶ機会や本は溢れている。ところが、それを実際に仕事の場で使うとなると、一体いつどうやって使えば良いのかまで落とし込めていない、たんに“やり方”や“理屈”だけを理解して終わるケースも少なくない。では組織の力をレバレッジし、ロジカルシンキングの威力を発揮する方法があるとしたらどうだろうか。

[公開日]

[著] 柏木 吉基

[タグ] データ・アナリティクス ビジネススキル ロジカルシンキング 事業開発 ファシリテーション レヴァレッジ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジカルシンキングがぶち当たる「壁」

 いつもながら、私が横浜国立大学で留学生向けに講義をしている「課題解決」授業での話から始めたい。各国からの学生たちは、自分の意見や主張を論理構築して伝える手段や考え方を学び、それぞれの思いを論理立てて発表できるようになってきた。

 「待っていました!」とばかりに、私は次のハードルを提示してみた。「グループ討議」だ。

 これまでは個人で結論とその根拠を組み立てればよかったのだが、今度は4~5人のグループで統一の結論を出さないといけない。日本人同士ならまだしも、全く文化も国籍も違う学生を意図的に混ぜ合わせたチームでは、メンバー同士が自分の主張をぶつけ合うため、いくら時間を使っても結論が出せない。
 おとなしい学生は黙り、声の大きい学生が強引に議論をリードしようとするものの、合意には至らず時間だけが過ぎていく(私の想定通り)。

 これでは、いくら個々人が(自分なりに)ロジカルな主張をしても、組織としての結論、合意形成ができず、何もモノゴトが先に進まないことになってしまう。

 実は、個人でロジカルシンキングのスキルを身に付けても、組織で活用しようとするとこの限界にぶち当たることがある。最終的には組織内で合意形成を図り、人を動かすには、個人での論理構築完成だけではまだ道半ばだと言えよう。

 では、組織やチームでの合意形成に、どうロジカルシンキングを活かすことができるのだろうか。

バックナンバー