SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

福岡STARTUP STYLE

Webビジネスの成功ノウハウを1枚のチャートに凝縮、ペンシル覚田社長

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

育ててくれたのはシステムソフトだった

株式会社ペンシル 代表取締役社長 覚田義明氏

福岡にインターネット企業が育った理由として、先に述べたようにネット通販の影響があるが、他にもパソコンの創世記からソフトウェアのビジネスを生み出した豊富な人材や企業の土壌があげられる。関係者がよく口にするのは、AdobeのPhotoshopやIllustrator、Norton AntiVirus、MacroMind Directorなどの多くのソフトウェアの日本語版を開発し、福岡から日本全国に販売及びサポートを行い、1980年ごろからダイレクト・マーケティングを行ってきたシステムソフトという会社があったことだ。覚田社長もその一人。

元々小さいときから研究したり実験したりするのが好きでした。マッキントッシュに出会って、23歳のときにシリコンバレーに2週間ぐらい行って。アップルを訪れ、Macワールドエキスポやスタンフォード大学のコンピュータ教育も視察したんです。帰ってきてコンピュータの世界に入ろうと決心し、システムソフトに入社を決めて、大阪から福岡にやってきたんですね。

システムソフトは、そのころのマッキントッシュの主要ソフトの日本語版のローカライズを一手に行っていた。覚田さんは社長の秘書になり、関連会社をひとつ任されるが、その会社を倒産させてしまった。覚田さんが29歳の時だったという。2000万円の借金を負い、窮地を脱するために創設したのがペンシルだった。コンピュータ業界でもなかった覚田さんを導いてくれたシステムソフトの社長、その後の借金の中からペンシルという会社を立ち上げるときに応援してくれた人たちへの恩は忘れない。そういう感謝の意味からも、業界発展のためのインターネット教育や研修を行っているという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
福岡STARTUP STYLE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング