SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

コーポレート・アクセラレーター入門

世界最先端のコーポレートアクセラレーターの今を知る「5つのケース」

第2回:ディズニー・アクセラレーターからフィットネス、出版系のアクセラレーターまで!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「BB-8」を生んだディズニー・アクセラレーター

 TechStarsがコーディネータとして手掛けた「ディズニー・アクセラレーター」についても振り返ってみよう。コーポレートアクセラレータープログラムの中で最も知名度が高く、現在は2014年、2015年のバッチが終わり、2016年の募集を行っている。ディズニーのみならず、ピクサーやマーベルといったディズニーグループが抱える”コンテンツの王様”が集い、100名をこえるメンターによるサポートの提供によって、世界中からエンタメ分野と親和性が高いベンチャー企業を募集しているのが特徴だ。

 ディズニー・アクセラレーターの運営を通じて、ディズニーはどのような利益を得たのだろうか。一番わかりやすい事例は、10年ぶりの新作となった『スターウォーズ フォースの覚醒』に登場する新キャラクター「BB-8」が、ディズニー・アクセラレーターから産み落とされたことだろう。そして、アクセラレータープログラムから生まれたキャラクターを起用したことにより、ディズニーの柔軟さを世界に対してアピールし、ブランディングにも貢献したのではないだろうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
コーポレート・アクセラレーター入門連載記事一覧
この記事の著者

合田 ジョージ(ゴウダ ジョージ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング