Biz/Zineニュース

レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」で初の取締役レンタル移籍が実現

システム受注のテクノライブの取締役が教員サイト運営のLOUPEへ

 テクノライブ(東京都港区)とLOUPE(東京都品川区)は、企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を介したレンタル移籍で合意したことを発表した。この合意に基づいて、テクノライブ取締役の後藤幸起氏が6か月間、週3日の頻度でLOUPEに参画し、組織開発・営業体制の構築業務にあたるという。(写真は、左からテクノライブの後藤氏とLOUPEの浅谷氏)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] タレントマネジメント

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の取り組みは、新規事業開発のノウハウを蓄積したいテクノライブの意向と、事業が拡大フェーズへと推移しつつあるLOUPEの体制強化ニーズが合致し、成立したという。

 レンタル移籍とは、出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の人材増強を目的として活用されているという。

 今回の例は、企業の取締役がレンタル移籍する初めてのケースであり、ベンチャー企業が他社の取締役のノウハウを活用して事業を推進するという企業横断的な人材活用の取り組みとして、また経営者が自らの能力開発のために選択した新たな働き方として、先進的な事例だとしている。

 人材を貸し出す側であるテクノライブは、システムの受託開発や技術系アウトソーシング(ソフトウェア開発、機械設計、電気、電子回路設計等)を業務とする企業。また、人材を受け入れる企業であるLOUPEは、全国の教員が情報交換する「SENSEI NOTE」と教員向けのイベントまとめの「SENSEI PORTAL」を運営している。

 なお、今回のレンタル移籍は、すでに10月1日から開始されているという。

今回のレンタル移籍のイメージ