SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

熱狂する営業組織の創り方

組織が熱狂するための6つの条件:後編~「明確な結果」「不確実性」「分かち合い」

熱狂する営業組織の創り方:第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

不確実性という“未知への挑戦”が、熱狂状態をつくる

5.リスクある環境に身に置いていること

 結果が明確にでる状況であったとしても、仮にその結果が「必ず」良い結果、もしく悪い結果だとしたら、どうであろうか。この条件はこの点が論点である。この話を進める前に、私がどういう意味で「リスク」という言葉を用いているのかを説明させて頂く。

 一般的にリスクというと「危険性」をイメージする方も多いと思うし、そのような意味も含まれていると思うが、今回は「不確実性」という意味で用いており、経済学上で使われるリスクに近い。仮に危険な状況でも、それが100%起こることであれば、その時点でその事象に対する不確実性は低い(=危険だからリスクが高いのではなく、確実に起こるのでリスクは低い)ということだ。つまり、この条件は「危険な環境に身を置くと熱狂する」のではなく、「不確実な状況に身を置くほど熱狂する」ということだ。私がこのように考えるようになったのは、前職時代に現会長から「伝説の求人広告」の話を聞いたことがきっかけだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
熱狂する営業組織の創り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 利博(サトウ トシヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング