SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

クリステンセン「ジョブ理論」入門

人がモノを買うことは「雇う」ということ。「ミルクシェイク・ストーリー」からニーズの本質を知る

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

3種類のジョブ

ジョブには3種類存在する。第一に、機能的ジョブがある。機能的ジョブとは、単純に何かをどうにかしたいというものである。会社まで移動したいとか、空腹を満たしたいなどの明確な機能を果たしたいというジョブを機能的ジョブと呼ぶ。

「退屈をしのぎたい」や「優しい父親の気分を味わう」のように、ジョブには感情的なものも存在する。ミルクシェイクから得られる、エネルギーを補給したい、喉を潤したい、といった機能的なジョブばかりに目が行ってしまいがちだが、感情的ジョブが多く存在する。「おしゃれな気分を味わいたい」ためにスターバックスに行くのも感情的なジョブを解決するためである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
クリステンセン「ジョブ理論」入門 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング