SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

シンギュラリティ大学がMTP実践で重視する「要素分解」、クレイジーなアイデアの支援

特別鼎談:シンギュラリティ大学 パスカル・フィネット 氏 × 入山章栄 氏 ×佐宗邦威 氏 第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

イノベーションの成功確率を高めるために、「技術と市場の未来」から推定する

入山:
 パスカルさんにそういわれると、どんなに大きなMTPも実現できそうな気がします。しかし人は、未来に何が起こるか、ある程度の方向性は予測できますが、それが「いつ起きるか」までを予測するのは困難ではないでしょうか。

パスカル:
 その通りです。しかし、要素分解して、分析や調査を行い、将来を「推定」することはできます。シンギュラリティ大学の役割はそこにある、とも思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング