Appleとアクセンチュア、iOSのためのビジネスソリューションの開発で協力

 Appleとアクセンチュアはパートナーシップを組み、iOSのための革新的なビジネスソリューションを通じて、企業が従業員と顧客の関わり方を変革する支援を実施すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP画像 :Apple and Accenture Helping Businesses Transform How They Work より

 このパートナーシップは、エンタープライズモビリティプラットフォームをリードするiOSのパワー、シンプリシティそしてセキュリティと、業界とデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるアクセンチュアの能力をフルに活用して、企業が新しい収益源を創り出し、生産性を上げ、顧客体験を改善し、コストを削減するのを手助けするものだという。

 アクセンチュアは世界各地にある選ばれたアクセンチュア・デジタル・スタジオの中に、iOS専門部隊を作る。Appleの専門家もこのチームと同じ場所に配置され、一緒に働く中で、2社はエンタープライズクライアントがiPhoneとiPadを使って顧客との関わり方を変革するために、新しいツールセットやサービスを立ち上げるという。

 専門家には、ビジュアルおよびエクスペリエンスデザイナー、プログラマー、データアーキテクト、データサイエンティスト、さらにハードウェアおよびソフトウェアのデザイナーが含まれる。

 次の新しいiOSツールとサービスは、Appleの最新技術をフルに活用してアクセンチュアの先進のデジタルおよびアナリティクス能力を引き出すとしている。

 ・エコシステムサービス:システムインテグレーションに関するアクセンチュアの専門知識と、AppleがSAPやCiscoなど主要なパートナーと共に開発したiOSのユニークな強みを活用し、顧客がバックエンドシステムに接続するためのiOSのインテグレーション要件全般に対応する支援を行う。

 ・インターネット・オブ・シングス(IoT)サービス:新しいツール、テンプレートそして予めデザインされたコードが特徴のサービスで、顧客は自社のiOSアプリケーションに取り込まれたIoTプラットフォームからのデータをこれまで以上に活用してより大きな力を従業員に与えることができる。

 ・マイグレーションサービス:顧客が既存のレガシーアプリケーションとデータを近代的なiOSアプリケーションに素早く簡単に移行させる支援を行う。