SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Workday流、グローバル人事の最前線

人事部門が重点的に取り組むべき6つの分野~「HR Outlook for 2017」調査報告書から

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

人事部門が重点的に取り組むべき6つの分野

 今後数年間はヨーロッパだけでなく、世界中で不確実な政治的情勢やデジタル破壊が続く時代となるでしょう。変化する環境に対応するための迅速性と柔軟性を高めることは、企業・組織の必須事項と言えます。

 コスト管理は依然として優先事項の一つですが、タレントマネジメントへの理解がますます重要となります。企業には、自社の有能な人財を人事やテクノロジーに関する教育プログラムの中心に据えて、継続的に能力開発を促す取り組みが求められます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Workday流、グローバル人事の最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

宇田川 博文(ウダガワ ヒロフミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング