東急電鉄、社内起業家育成制度第3号案件として各駅の券売機でのキャッシュアウト・サービスを開発開始

 東急電鉄は、「社内起業家育成制度」の第3号案件として、東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができるキャッシュアウト・サービスを開発すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ファイナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東急電鉄は、「社内起業家育成制度」の第3号案件として、世田谷線、こどもの国線を除く東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができるキャッシュアウト・サービスを開発すると発表した。開発に協力する金融機関は横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイ。

 このサービスは、横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイが開発した「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の仕組みを活用するもので、2019年春のサービス提供開始を目指す。駅の券売機におけるキャッシュアウト・サービスは、日本初の取り組みという。

 スマートフォンアプリを使って事前に引き出し金額の申請を行い、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすことで、横浜銀行やゆうちょ銀行など提携金融機関の預金の引き出しを可能にするサービスとなる。このサービスにより、ATMなどに立ち寄らずに、生活動線上にある東急線各駅の券売機で現金を引き出すことができ、駅の利便性が向上するとしている。また、券売機で暗証番号などを操作する必要がなく、QRコードをかざすだけで引き出せるため、ATMに比べて引き出しにかかる時間を短縮することができるという。

 2019年春の東急線各駅でのサービス提供開始を目標に、2018年度中に東急線の一部の券売機で横浜銀行とゆうちょ銀行のスマートフォンアプリを活用した実証実験を実施する。また、他事業者が本サービスの仕組みを活用した東急線沿線以外でのサービス提供についても検討するとしている。

 このサービスは、東急電鉄の「社内起業家育成制度」の第3号案件で、会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork」、翻訳・ローカライズ事業「YaQcel(ヤクセル)」に続くもの。