SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

デザインによる都市OSの変換

場や生態系、コミュニティを“広義にデザイン”する、多摩川流域の未来を作る「TAMA X」とは

東京急行電鉄株式会社 小林乙哉氏×株式会社ビオトープ佐宗邦威氏対談:前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“街づくりの会社”である東急電鉄が「TAMA X(タマ クロス)」に取り組む理由

小林:そうですね。私はこの1年、多摩川流域を一つのエリアとしてとらえて街づくりをしていこうという、暮らしと経済の実験区「TAMA X(タマ クロス)」プロジェクトの主な担当をしていますが、これまでも都市づくりの分野では住民参加は重要だと言われ続けてきましたが、テクノロジーが発達した今だからこそ、可能になってきたと感じています。

佐宗:「TAMA X」は、多摩川流域という川で自治体が分けられていた空白のスペースを、流域周辺を一帯の地域と捉え、自然豊かな川のスペースを、豊かな自然環境に技術のインフラがうまく組み合わさった循環型のライフスタイルを実験していくリビングラボとして活用しようという取り組みです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デザインによる都市OSの変換連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング