eiicon、国内オープンイノベーション市場の動向調査を実施

“大企業とスタートアップの共創”にニーズの高まり

 オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon(エイコン)」は、日本で2018年4月~6月にスタートしたオープンイノベーションプログラム案件を対象に独自調査を実施し、オープンイノベーション市場について概況をまとめた。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ベンチャー 事業開発 オープンイノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eiiconによると、2018年4月~6月間にオープンイノベーションプログラムは23案件スタートしているという。大手メーカー主催のものが11案件スタートしており、主催企業内訳はインフラ系企業が3件、商社が1件、自治体が4件、VC・インキュベーターが4件だった。自治体が主のものも目立ち始め、今後も増えていくことが予測されるとしている。

 オープンイノベーションが盛んになっていることを示す数値として、ベンチャー企業と大企業の事業提携数があげられる。2016年には前年の1.5倍の件数となり、2011年ごろから急速に伸びている。2011年と2016年を比較すると5年で13倍ほどの件数になっていることがわかった。

ベンチャー企業と大企業の事業提携の状況ベンチャー企業と大企業の事業提携の状況
出展:経済産業省 2018年6月27日 オープンイノベーション白書(第二版) P.93

 テクノロジーの進化やグローバル化による製品の短命化により、今までにないスピード感で新たな価値を求められる事業会社が選択する方法として、他社のリソースと連携し新たな価値を創出するオープンイノベーションは有効な手段であるといえるとした。